プロペシア試してみた

プロペシアを試してみたい、プロペシアって何?、本当に効くの?大丈夫なの?と考えているあなたにプロペシアに関する情報や疑問点などをわかりやすくたくさん紹介していきたいと考えいてます。

プロペシアの画像

プロペシアって何なの?

プロペシアとはフィナステリドを有効成分にした医薬品で、世界60ヶ国以上で認可されたAGA治療薬です。承認されたAGA治療薬としては世界で初めての飲み薬で、日本でもその効果は認められ、厚生労働省から認可されて病院で処方されています。AGA治療は専門のクリニックで受けることができますが、プロペシアの処方は皮膚科などの一般の病院でも処方されていることから、入手することに関しては非常に簡単です。有効成分のフィナステリドは元々、50代以降の男性に見られる前立腺肥大症の治療薬として開発されていましたが、利用した患者から頭髪が生えてきたという副作用の報告を受け、AGAの治療薬に転用された経緯を持ちます。プロペシアの作用は頭髪の毛乳頭細胞に存在する5α還元酵素を阻害する作用を持ち、男性ホルモンのテストステロンと結合することができなくなることから、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える結果となります。つまり、AGAの症状を緩和し、その進行速度を抑える、あるいは止めることで脱毛や薄毛を改善するというものです。毛髪の成長を促す育毛剤は対処療法となりますが、プロペシアは原因となる物質を抑えることから原因療法になります。飲む育毛剤とも言われていますが、実際には育毛剤のように髪の毛を成長させたり発毛を促す作用はなく、AGAの症状を抑えることから毛髪が正常に成長するという結果となっています。ただし、服用してもすぐに結果が出るわけではなく、飲んだその日にしか作用しないため、少なくとも6ヶ月は飲み続ける必要があり、例え髪の毛が生えてきても、何の対処もしていなければ服用を中止した途端に前と同じ状態に戻ってしまうため、運動や食事といった生活習慣の改善も必要になってきます。

■AGA治療で信頼のできるプロペシアのジェネリック医薬品です
エフペシアで薄毛治療