プロペシアを試してみたい、プロペシアって何?、本当に効くの?大丈夫なの?と考えているあなたにプロペシアに関する情報や疑問点などをわかりやすくたくさん紹介していきたいと考えいてます。

プロペシアの画像

医薬品プロペシアと植毛との比較

薄毛の悩みを解消する方法にはさまざまなものがありますが、たとえば植毛やプロペシアのような医薬品を投与するといった方法がよく知られています。
植毛というのは、薄毛になっている部分に別の髪の毛を移植する手術によって、見た目をととのえるというものです。この場合の移植する髪の毛としては、人工のものと天然のもの、要するに後頭部などのまだ髪の毛が残っている部分から採取した自前の髪の毛といった区別があります。
人工毛であれば、植毛をすればすぐにでも髪の毛が生い茂った状態になるため、悩み解消のスピード感としてはもっともすぐれているということができるでしょう。その反面、人工であるために頭皮に定着せず、失敗していまうといったリスクもあります。
自毛の場合には、定着すればもともと生えていた髪の毛と同じように扱うことができ、伸びたり抜けて生え変わったりするため、かなり自然な感覚で悩み解消に至ることができますが、最初に手術で移植した髪の毛が頭皮に定着し、生え変わってからが実際に悩みの解消を実感できる時期となりますので、数か月から半年程度の余裕をみなければなりません。
いっぽうのプロペシアについてですが、こちらは脱毛を促進してしまう男性ホルモンに関与する酵素のはたらきを抑制することによって、結果として脱毛を防止して悩みの解消を図るというのが目的です。やはり効果が確実にあらわれるまでには数か月や半年は待たなければなりませんが、手術を要せずに医薬品を服用するだけという手軽さではまさっているといえます。
どちらを用いるかは個人の選択の問題ですが、場合によっては自毛植毛とプロペシアの併用といった使い方も可能で、方法として対立するものではありません。